∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

天使はスーパーのレジにいた。という話。

 
6、7年ほど前
まだ3人目が生まれてない頃。
 
人生に疲れ果ててぐったりしてた時期があった。
 
人前で話を合わせて笑うことはできたけど。
 
なにか楽しいことをしたいとかそんなことは考えられなかった。
体重もうんと減って、軽いパニック障害の症状もでてた。
 
元夫はずっと県外へ単身赴任してたので、ひとりで園児と赤ちゃんのお世話に明け暮れていた。
 
 
その日はいつもと違うスーパーで買い物をして、無表情でぼーっとレジに並んでた。
 
気分転換に買い物カゴに放り込んだ切り花、多分300円くらいの安いやつを五十代くらいのレジのおばちゃんがピッ!ってした時。
 
 
『キレイなお花ですね!いい香り』
 
 
そう言ってニコって笑いかけてくれた。
 
 
その瞬間、突然涙が溢れてきそうになった。
 
グッとこらえて我慢した。
 
 
f:id:nejimakiya:20150826234048j:image
 
 
 
すっかり疲れて、感情もわからなくなってて
 
カラカラに乾いてた心に何かが響いた。
 
 
おばちゃんの純粋な笑顔がグッと胸にきた。
 
 
笑顔ってすごい。。。
 
 
このことは学びになりました。
 
 
 
 
これからしたいこと。
 
生まれ持った自分の個性を活かしたい。
 
もっと深く言えば
 
魂のカラーを表現したい。
 
そしてこの星で生きてるという今を
 
誰かとシェアしたい、って感じてる。
 
 
f:id:nejimakiya:20150826234635j:image
 
この先
 
何かセッション的な活動をしようが
カフェをしようが(『空間』が好き♡)
石屋をしようが(石好きなのです♡)
なにもせずにゴロゴロしてようが(←いまココ。)
 
多分職業というカタチはそんなに重要じゃないんだろうな。
 
好きなことをやればいい。
 
 
何を選んでも
 
スーパーのレジっていう一瞬の場面でだって
 
人と深く交わる瞬間があるのだから。
 
 
f:id:nejimakiya:20150826235816j:image