読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

夢の中の旅∞高野山∞

 
10年近く前のおはなし。
 
 
 
 
山の上から下界を見下ろす。
 
濃い緑の中に送電線が続いてる。
 
古い石段の左横に石碑がある。
 
ここはどこだろう?と思い、石碑をみると
高野山』と刻まれていた。
 
 
 
 
 
そこで目が覚めた。
 
高野山???
奈良?京都だっけ?
 
高野山は学校で習って聞いたことはあるけど、そもそもどこにあるのかも知らなかった。
 
当時は仏教にもお寺にも興味はなかったし、なんでそんな夢を見たのかもわからなかった。
 
そしてその日もいつも通り長男を保育園にあずけて、昔ながらの商店街にある自然食品店に出勤した。
 
お店の中で作業をしていると、突然お店の前に托鉢のお坊さんが現れ、お経を唱え始めた。
 
わおっ!
 
こんなの初めてなのでびっくり。
 
そのうえなんと
 
そのお坊さんの立派な紫色のお召し物には
 
高野山
 
と大きく刺繍されていたのだ。
 
 
 
お経を唱え終えた僧侶に伝えた。
 
 
『今朝、高野山の夢をみました。』
 
 
少し驚いた表情で、ご年配の僧侶は言った。
 
 
空海さまのご縁ですね。
 
高野山へいらっしゃってください。
 
ご案内しますよ。』
 
 
f:id:nejimakiya:20150829225148j:image
写真みつけた(^^)なつかしー。


 
そして2ヶ月後、冬の寒い日に2歳の息子とふたり、電車を乗り継ぎ高野山を訪れた。
 
 
 
高野山に着いてからは、数珠屋のご主人に運転をお願いして僧侶がいろんな場所を案内して下さった。
 
見晴らしの良い場所から見下ろしたら、送電線がずっと連なっていて夢とまったく同じ景色だった。
 
 
夢に出てきた石段と石碑は、奥の院にあった。
 
 
 
宿坊で1泊して、雪の残る高野山をあちこち巡った。
 
印象的だったのは、当時2歳の息子の反応。
 
雪がつもる奥の院へ続く参道にはお墓がいっぱい。
20万基以上らしい。
 
その中をすごいテンションで走り続けてた。
 
 
そして、奥の院手前の禊をする川に
 
ばしゃーーーん
 
と落ちた(ー ー;)
 
2月の川に。。。。。
 
 
 
その1年後にまた息子と高野山に来ることになるのですが。
 
 
特になにか高野山ですごい体験をした!
 
とかはないけど
 
高野山、すごく好きになった。
 
帰宅後、高野山にある尼寺のことを真剣にネットで調べちゃったし。
 
 
f:id:nejimakiya:20150829213158j:image
 
 
そして、高野山を訪れてから
 
世界が前よりちょっとだけ
 
不思議になってしまった。
 
 
 
その中のキーワード。
 
 
過去世の記憶
 
夢でのメッセージ
 
 
 
イルカ
 
何度も行ってしまう沖縄への旅
 
天然石
 
ミホミュージアムの石仏
 
外宮多賀宮
 
出雲 
 
 
宇宙と繋がること
 
陰陽
 
子宮
 
 
特に今年は
 
宮古島伊良部島と大神島
 
石庭
 
鍋底
 
 
胎内記憶
 
 
 
 
 
そして
 
 
空っぽの今。
 
 
 
でもきっと
 
もうすぐ何かがはじまるって
 
わかってる。
 
 
次はどんな自分に会えるのか。
 
 
 
 
わくわくしながら
 
 
絶賛引きこもり中!
 

 
 まぁ引きこもりゆうても、3人の子どもたちとの生活と日常のアレコレに奔走しながら日々楽しくドタバタですが(^^;;