読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

夢の中の旅∞神倉神社∞

 
 
春のミネラルショーで出会った方のFacebook
和歌山旅行の写真が載せられていました。
その中の1枚の写真にびっくり。
 
去年の春頃に夢の中で訪れた場所だった。
 
 
 
急な石段から上を見上げると
 
朱色が目を引く社。
 
着物姿のそこにいる存在たちが
 
剣が戻ってきた!!と
 
盛大に喜んでいる
 
 
 
そういう夢。
 
写真の場所は何処なのかその方にお聞きしたら
新宮の神倉神社、とお返事を頂きました。
 
またいつか行けたらな〜、と考えてたら
友達のFacebookでも神倉神社の写真が流れてきて
これはサインだな、と思い訪れてみました!
 
 
新宮までは電車で2時間半。
窓から見える山や海が美しい。
 
到着してまずは徒歩15分の熊野速玉大社へ。
 
 
 f:id:nejimakiya:20150914162952j:image
 
 
 
曇り空で雨が少しパラパラしてきてたのが
到着するとおひさまが顔をのぞかせました。
 
とても清々しい場所。
 
この木がすごく素敵だった。
 
 
 
 f:id:nejimakiya:20150914163008j:image
 
 
 
昼食を食べてから、ついに神倉神社へ。
 
538段の急な石段を登ります。
 
 
 
f:id:nejimakiya:20150914163130j:image
 
 
 
 
大変さよりわくわく感の方が大きくて
意外にスイスイ登って行きました。
 
 
そして夢で見た場所へ。
 
 
 
 
f:id:nejimakiya:20150914163158j:image
 
 
 
夢でみたのはここからの構図だった。
 
後ろにそびえる岩はゴトビキ岩と呼ばれてるそうです。
 
 
 
 
f:id:nejimakiya:20150914163303j:image
 
 
 
岩の前で長時間たたずんでいると
 
『ちょっと!こっちへきてください!!』
 
と、おじいさんに呼ばれた。
時間があるなら話を聞いてね、と
神倉神社とゴトビキ岩についての解説が始まった。
ここのガイドをしている方のよう。
 
 
まわりにいた数人でお話を伺っていたら
途中で剣の話になった。
 
剣にまつわる伝説があり
実際にその剣が発見されたそうで。
 
神倉神社の伝説はここでは省きますが
天理市石上神宮に実物の剣があるそうです。
 
 
おじいさんの解説が終わってみなさんが帰られてからも
一時間ほどいろんなお話を聞かせてくださいました。
 
出雲や渡来人や縄文人弥生人
八咫烏。行者。神と呼ばれる存在のこと。
もともとこの地に暮らしていた民族についてなど。
 
そのへんの知識は全然なかったのですごく興味深かった。
もっと知りたいなー。
 
すごいタイミングで現れてくださったおじいさんに感謝です♡
 
 
 
f:id:nejimakiya:20150914163333j:image
 
 
 
 
 
 
 
f:id:nejimakiya:20150914163248j:image
 
 
 
ぼんやりとここ最近のいろんなことを想った。
 
 
どうしてもどうしてもどうしても自力では解決できなかった
『無価値観』や『自己否定』の感情。
 
旅の前日にインナーチャイルドのヒプノを受け
その感情が芽生えた子どもの頃の記憶がたくさん蘇り
それらの感情を前提とした潜在意識をみつめてみた。
 
『生まれてこなければよかった』
という謎の設定で34年間生きていたから
その上に仕事・恋愛・結婚・子育てなどを経験していても
いつもどこか苦しかった。
 
 
ちいさいまりちゃんをもう解放してあげたい。
 
 
今はもう、自由に生きていいんだよ。
 
自分の価値は自分で決められるんだよ。
 
 
 
 f:id:nejimakiya:20150914163355j:image
 
 
 
 この日はたまたま新月・日食の日。
 
そんなタイミングで夢に導かれてこの場所へ。
 
 
不思議な1日でした。