∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

ゴトビキ岩と石庭と子宮と宇宙についての妄想。

 

 

きのうから絶不調。

 

空間がずっとゆらゆらしてる。

貧血悪化?メニエル??

 

今日のブログの内容もゆらゆら飛んでいるので

アンテナに引っかからない方はどうかスルーで。

 

 

f:id:nejimakiya:20150916184230j:plain

 

 

体調不良でごろごろ寝転がっていると

何度もゴトビキ岩のビジョンが浮かんでくる。

 

二日前に行った新宮の神倉神社にある磐座。

 

 

社の横を少し登ると不思議な空間があった。

その前に座っていると、いろんなことを感じられた。

 

この場所は古代からの祈りの場所なのかな。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150916172015j:image

 

 

 

後に登場した例の熊野ガイドのおじいさんも

この場所からなんか発掘されたって言ってたし。

そして性にまつわる場だとも言われていると。

 

 

10年程前に友人に案内してもらった奈良の磐座と同じ感じがした。

 

男性的なエネルギーと交わる場所だったような気がする。

肉体を持った男性かもしれないし、

男性的な自然エネルギーや神と呼ばれる存在なのかもしれない。

 

でもなんというか、男性的なエネルギーを取り入れることで

女性が自らの女性性を開いて

子宮を通じて宇宙とつながるような。

 

そんな感じがしました。

 

(なんの根拠もないです。妄想です。)

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150916172115j:image

 

 

 

子宮や宇宙は3月に訪れた宮古島からの個人的なテーマ。

 

宮古島に『石庭』という素敵な場所があります。

そこでお母さんの子宮にいた時のビジョンを見たのですが

子宮は宇宙とつながっていた。

 

それはお空の宇宙ではなくて、自分の宇宙。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150916172325j:image

 

 

ひとりひとりが子宮にいる時も

 

子宮に入る前も、そして生まれてからも

 

ずっとずっとそれぞれ自分の宇宙に包まれている。

 

 

 

そしてその宇宙の創造主は、自分自身。

 

みんなそれぞれ、そのひと自身の宇宙を生きている。

 

 

 

それぞれの魂の、輪廻転生の螺旋のつながり。

 

それぞれの魂の、先祖のDNAの螺旋のつながり。

 

そんな数えきれない程の色とりどりの

 

命の時間と空間がつみかさなり

 

ひとつの美しい球体を成している。

 

 

みんなそれぞれの宇宙を創造して生きているけれど

 

同時にそれらはひとつでもあるんだ。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150916172420j:image

 

 

 

まぁここに書いていることは

全部個人的に受け取ったビジョンなので

そうかもしれないし、ちがうかもしれないし

もしや頭がどうかしちゃってるのかもしれませんが。

 

 

 

いま思うことは

自分のココロの重い岩を開いて

もっとダイレクトに自分の宇宙とつながりたい。

自分の宇宙を生きたい。

 

そのためには

自分の女性性と真正面から向き合う必要性を感じる。

 

つい最近まで

男に生まれたかったと思っていた。

自分の女性性に嫌悪感を持ってた。

女である自分のカラダを、穢らわしいと。

 

こんなわたしだから

すごく苦手で避けたいテーマだけど。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150916172458j:image

 

 

自分が『女』であるということを

 

知って、受容するタイミングなのかも。

 

 

その先にあるのは

 

『豊かさ』

 

という言葉が閃いた。

 

女性の内側から、宇宙から溢れ出る豊かさ。

 

 

 

あいかわらず空間がゆらゆらしてる。

 

固定されてた意識を揺さぶられているみたいだ。