∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

美味しいイタリアンからの考察。

 

 

ほんのささいなことなんだけど。

 

昨日の夕方、突然イタリアンが食べたくなった。

 

体調が良くなくて自分で料理をしたくない。

住んでる所が田舎すぎて近所に飲食店はない。

早い時間も営業してる30分の距離のチェーン店にいくか?

ちょっと近所の違うジャンルのお店で我慢するか??

でもでもどーしても美味しいイタリアンが食べたい!!!

ネットで検索して、隣町の早い時間から夜の営業をしている

イタリアンのお店を発見!!

電話で予約して子どもたちとレッツゴー!!!

 

結果、めっちゃ美味しかったし満足♡

前菜もパスタもピザもデザートも美味しかった♡♡

いつもならこんな時、妥協してたのに。

食べたい!を満たしてみたら

食欲を満たす以上の謎の満足感を得ました。

 

 

で、今夜はこの『満足♡』っていうことを考察。

(考えるは趣味なのです。)

 

 

f:id:nejimakiya:20150918220900j:image

 

 

これまで日常生活の中で

『自分の満足感』って徹底的に追求してこなかった。

 

その1

まず、基本貧乏性。

まぁ、父親の繰り返される多額の借金で親が離婚してたり

母親の「お金がない」という口癖に祟られたり。

長男を妊娠・出産した頃もいろいろあって金銭的に大変だった。

お金に対してネガティブな思い込みがありました。

 

その2

受け取りベタ。

「どうせ私なんて。。。」「私が我慢すれば。。。」

「私にはもったいない。」「申し訳ない。」

などなど人からの好意も素直に受けとれない。

務めていた会社を退職した時もボーナス前に辞めたな〜。

 

その3

自分の存在価値が低すぎたので、

そんな女に時間もお金もかけてやるか!的な自らの呪い。

 

キレイな服、靴、かわいい髪型、ネイル、作家さんの素敵な器

高額な外食、マッサージ、などなど。

 

なかったらなかったで問題ないしねー。とか

可愛い服なんて似合わないから安い服でいいし。とか

別に作家さんの器じゃなくても100均のお皿でいいし。とか

ネイルなんて、なくても生きていけるし。とか。

子どもにしてあげることでいいお母さんになった気でいたり。

 

 

 f:id:nejimakiya:20150918221023j:image

 (母似で子どもたちみんなたらこ唇♡)

 

 

この半年くらいでやっと少しずつ気持ちよく

自分に時間とお金を使えるようになってきた。

 

会いたい人に会いに行く。

行きたい場所に行く。

学びたいことを学んでみる。

マッサージやお茶など癒やしの時間を作る。

誰かの為にじゃなく自分がしたいから寄付する。

 

そんなカタチに残らないものだけど

ココロを満たせることの大切さがわかりかけてきた。

 

 

ちなみに。

結婚生活中は気持ちよく、はできなかった。

家計は旦那さんが握っていて、なくなったらお願いしてた。

「え?もうなくなったの??」

っていういつものセリフが怖かった。

上手くやりくりできないダメな主婦なんだ、って

自己嫌悪感満載で。

 

 

8年間の専業主婦時代は

働いていないことが後ろめたかったなー。

こんな気持ちで旦那さんのお金を使わせてもらうくらいなら

働きにでて自分で稼ぎたいってずっとずっと思ってた。

 

周りの人に「専業主婦でいいね。」って言われても

まったくピンとこなかった。

 

 

いまの自分ならまた全然受け止め方が違ってただろうな。

 

お金は苦労して自分で稼ぐもの。

お金を稼げない自分に価値はない。

 

そんな前提だったから、満足できない現実を引き寄せていた。 

 

なんというか、自分が負のエネルギーを撒き散らしていた。

元夫の強烈なパワーとか稼げる能力なんかを

上手く循環させれなかった。

「私なんて。」っていつまでも拗ねてる奥様でした。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20150918225909j:plain

 

 

 

離婚を決めた時に

『朝から晩まで必死で働いて子ども3人を養ってみせる!』

などという設定はやめて

『なんかしらんけど好きなことしてたらお金も循環して

 幸せに子どもたちと生活できてるやん♡(三重弁)

という前提で生きることを決心しました。

現在日々実験中です。

 

 

そしたらなんかしらんけどどんどん人との出会いや

素敵な時間や豊かさが循環してきています。

まだまだ実験中なので、そんな発言してても

1年後はどこでどうしてるか想像もできないけど。

 

『頑張る』のは得意分野で気を抜けば頑張ってしまうから

なんかあった時でも私はちゃんと3人を育てるに決まってる!

っていう自分に対するある意味自信みたいなのがある。

あと、見守ってくれるひともたくさんいるしね。

 

その上で安心して実験しつつ

あえて頑張らないように頑張っています。

 

 

離婚して3人の子持ちシングルマザーになるとか、

人生でいちばん頑張る時でしょ!!

って今までの自分なら当たり前にそう感じただろうけど。

 

いま、34年間でいちばんがんばってないでーす。

そして絶望しきった地点から思えば

かなり人生好転してきたなー。

上がったり落ちたりを繰り返しているけど

螺旋階段のように、少しずつ明るい方へのぼってる。

 

 

がんばってないとか言うと誤解されそうだけど

嫌なことをやらないとかラクしたいとかではない。

なんというかキツイ作業でもあるのです。

徹底的に自分に向き合っているから。

 

自分をみつめず、外側の役割に励んで

頑張って他人に認められる行動を取ってた方が

ある意味ラクだった。

 

でももうそれはいいや、って腹の底から思ったから。

 

いまはいろいろ設定変更している最中です。

 

 

f:id:nejimakiya:20150918221324j:image

 

 

頑張らない自分でいい。

好きな場所へ行っていい。

好きなものを食べていい。

好きな服を着ていい。

好きな物を買っていい。

好きなひとに会いに行っていい。

好きなことを勉強していい。

でも何もしたくなくてゴロゴロしててもいいよ。

いるだけでいいんだよ。

 

 

誰よりも自分を満たしてあげる。

 

まずはそこから。