読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

すきに生きてみる。

 
 
冬休みで母ちゃん業が大変なことになってます。
 
 
今朝も4歳末っ子がこたつの中でおもらししました。
 
よりにもよってこたつの中とは。。。( ;´Д`)
 
 
 
そんな中、昨日はひとりになる時間があったので
 
近所の神社に行ってきました。
 
 
f:id:nejimakiya:20151227174239j:image
 
 
 
ここの神社にいくといつもお日様が顔を出してくれて
キラキラの美しい世界をみせてくれます。
 
 
すごくすきになる神社と、普通の神社と
なんか重苦しい感じがする神社があります。
相性とかあるのかな?
 
 
ちなみに好きな神社は
県内だと外宮、月夜見宮瀧原宮、椿大社。
 
京都だと下鴨神社貴船神社
神社じゃないけどこの前行った京都御苑
 
出雲大社須佐神社もすきです。
 
天河神社もすき。
高野山奥の院もすき。
最近だと江ノ島がよかった。
 
 
あとはこの秋に行った新宮の神倉神社。
ここは好きというかなんか強烈な引力でした。
 
 
神倉神社のことはこちらの記事に♡
 
 

f:id:nejimakiya:20151227174203j:image

 
 
そして今日は友人の林ゆうかちゃんが主催する
『子育革命 in 三重』というイベントに行ってきました。
 
午後の部のコラボトークを聞きました。
 
 
うちは3人とも津市のヤナセクリニックで出産。
そちらの柳瀬幸子院長もゲストで出られていました。
 
あとは小森可美さんと
万協製薬会社の松浦社長。
 
 
 
印象的だったのは柳瀬先生の涙。
お産の現場で生と死の両方に携わられています。
そのお話が胸に響きました。
 
究極、子どもはただ生きていてくれたらいいんだ。
そう思いました。
 
 
 
この体を通して地球にやってきた3人の子どもたち。
 
必要な手助けはもちろんさせてもらいますが
それぞれ地球滞在中に体験していきたいことを
じゃんじゃんやっていってくれたら嬉しいな。
 
それすらも、子どもたちの自由だけど。
 
お母さんはそう生きてくよ。
 
 
 
そして
どんなにつわりで辛い時も
検診の待ち時間が長い時も
産後で眠れなくて苦しいときも
柳瀬先生の笑顔にいつも癒されていました。
 
診察室の外で柳瀬先生の思いを聞けて
すごくよかったです。
 
 
ちゃみさんのお話しは初めて聞きました。
 
松浦社長はめちゃおもしろいおじさんで
女性に愛されてしまうキャラだった♡
 
 
 
ゆうかちゃんとは今年の6月に出会ったばかり。
 ゆうかちゃんを通じての素敵なご縁もあり
すごく感謝してます。
 
 
 

f:id:nejimakiya:20151227182818j:plain

 
 
 
昨年まで引きこもり気味で
誰かの講演にいくとか、セミナーにいくとか
そんなことまったくなかった。
 
でもこの1年はピンときた人にどんどん会いに行き
その都度たくさんの学びと出会いがありました。
 
あ〜楽しかった♡
 
 
 
ざっくり全部をまとめた感想ですが
ほんとすきなように生きればいいのよね。
 
 
 
昨年、子宮頸がん疑惑があり
大学病院で見た目では半々の確率でがんと言われ
どきどきしながら精密検査の結果を待ちました。
 
がんだと想定した時のステージや子宮やリンパの切除
抗がん剤治療の話しもちらっとされて。
 
結果はがんの手前の高度異形成で、この夏治療しました。
 
 
その時に、つくづく感じた。
これまでのような命の使い方をしてちゃダメだって。
 
 
子ども3人に命を繋げられた。
それはひとつの大きな役割だったと思う。
 
でも、それだけでいいの?
 
何かやり遂げたいことがあって
生まれてきた気がするよ。
 
 
 
 
必ずいつか死ぬのだ。
100%間違いなく死ぬ。
 
 
今回の人生の設定には時間制限がある。
 
 
だからおもいっきり自分を生きてく。
 
 
表現して
 
創造して
 
そして出会った方々と分かち合って。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ねじまき屋

http://www.nejimakiya.com