∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

伊勢のテーマ

 

今夜の満月、そして夏至を過ぎると

伊勢でのクリスタルヒーリング講座です。

 

表向き?にはもちろんクリスタルを学ぶのですが

個人的にはまた別の側面もあると思っています。

 

これはみんなにとってのテーマではなく

そらまりの個人的なはなしです。

 

講師のたんたんさんと相談中に伊勢が浮上したのが

2月の東京、ちょうど魚座新月&日食の日。

この日の新月図は過去世からの課題が浮上するような 

そんな雰囲気を感じさせる配置でした。

 

メロディの講座は東京へ行けば受講できるのに

なぜだか伊勢で、という思いだけで主催を決めました。

 

 

そして先日ありがたいことに満席となって募集を締め切り

改めて今回の個人的なテーマについて考えていました。

 

カードを一枚引いてみると。。。

 

『ハイアーセルフにつながり、傷を癒す』

 

はいはいはいはい。

そうですよね、知ってます、わかってます!!

・・・という気分です。

 

伊勢でもいつものたんたんさんの講座同様に

自分の内側の深いところを探求していくんだろうな。

  

f:id:nejimakiya:20170608081334j:image

 

具体的な傷のありかはいまはわからないけど

伊勢でと決めた時から心がざわざわしてる。

 

まあそれはそれとして、

石を学んだり、ご縁のあるみなさんと出会えることは

素直にとても楽しみです。

 

 

そんな中、先日たんたんさんのブログに書かれていた

チャネリングメッセージがガツンと響きました。

 

勝手に下記にシェアさせてもらいますね!

 

f:id:nejimakiya:20170608081414j:image

 

2017がスタートしてから

すでに半年が経とうとしている。


天体の配置に詳しい者たち、

太陽と月、そして

太陽系のエネルギーの

振動につながる者ならば、

「いま、己に起きていること」が

どれほどの

大きな意味があるのかが、

もうわかっているだろう?


運命とは

あなたが選択した

タイムラインのことだ。


宿命とは

あなたが背負っている

カルマパターンの

表現だ。


もう何を伝えたいか、

直観の開いた

あなたならば、

わかるだろう。


つまり、

それこそが

「いま、己に起きていること」が

どれほどの

大きな意味があるのか、という問いへの

解ということ。


あなたは

いま自らの魂の

カルマパターンの

すべてを洞察、理解し、

開放するために、

この天体のタイミングで

運命=タイムラインの選択を

インナーセルフの声に従い

自らの意思において選択したのだよ。

ここでもっとも大切なことは

何だかわかるか?


わからないなら、

まだ遠回りをしなければならないな。


運命=タイムラインの選択を

インナーセルフの声に従い

自らの意思において選択するということさ。


わかるだろう?


カルマパターンをこれ以上、

繰り返さないためには、

あなたがあなたの内なる自己の意思に従い、

自らの意思において選択しかないのだ。

もう、誰のせいにもできない。

もう、自分が無力で、被害者であるという

選択もない。

もう、自分で自分を断罪する加害者である、

という選択もないのだ。


わかるだろう?

 

 

f:id:nejimakiya:20170608081444j:image

 

ちょうどこのブログ記事を読む直前

無力感に襲われていたのです。

 

それはとても慣れ親しんだ感覚。

 

なんだろう。

圧倒的な無力感。

 

そんなタイミングで

 

『もう自分が無力で被害者であるという選択もない。

もう自分で自分を断罪する加害者という選択もないのだ。』

 

という言葉を読んで

なんかずっしりきました。

これを書いてるいまもみぞおちが痛い。

 

 

なので、きっと順調。

こっちの方向で大丈夫。

 

そんなことを想う満月の夜です。

 

 

 

 

 

ホームページです。お問い合わせはこちらから。

http://www.nejimakiya.com

 

Facebookページ

ねじまき屋の情報を発信中!

https://www.facebook.com/nejimakiyanejimaki/

 

《金の星 銀の星》 

いいあいさんのイラストとそらまりのメッセージ。

https://www.facebook.com/kinnohoshiginnohoshi/

 

《LINE@》

@enq9021f

LINE@をはじめてみました〜。