∞ ねじまき屋 ∞

ココロのねじを今日もまきまき。

∞伊勢クリスタルヒーリング講座∞3

 

クリスタルヒーリング講座は

受講生同士がペアになってワークします。

 

クリスタルを用いた何種類ものワークをしました。

昨日のブログに書いた過去生ワークも印象的だったし

もうひとつガツンときたワークがあったので

最後にそのことを記しておこうと思います。

ちょっと長くなりますが。。。

 

 

『セルフリミティングビリーフ』というワークで

自分自身が信じている制限をみつけ

必要ならそれを解除していきます。

 

自分が信じていることや思っていることが

いまの現実を作ってます。

何らかの制限があり望む現実ではない場合は

その制限を外すともっとスムーズに流れる。

 

わたしがワークに選んだテーマは

《私は自信を持って仕事をできるレベルではないと信じている》

というものでした。

 

 

f:id:nejimakiya:20170702203235j:image

 

  

例えば占星術では

経験年数がまだ2年目で未熟なのは当然なのですが、

どれだけ勉強しても、鑑定の経験を積ませて頂いても

クライアントさまからお礼の言葉を頂いても

根本的にどうしても自信がなくて。

 

間違ってはいけない、とか考えはじめると

以前やっていた新月と満月の星よみとか

軽やかにアップできなくなったり。

 

 

いろいろやりたい、表現したいくせに

表に出たくない、みたいな面がありますね。

まわりの反応が怖くて。

 

そこに焦点をあて

クリスタルのレイアウトと誘導で

自分の内側の情報を読んでいきました。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20170702203301j:image

 

その制限を持ってしまった過去の原因をみました。

現れたビジョンは意外なものでした。

 

 

それは22歳の頃。

会社を辞めて次の仕事を探している時期でした。

 

ある日天河神社へ向かう車の中で仕事の依頼の電話が。

それは県知事選の政治事務所のサポートでした。

 

政治には興味がなかったので迷っていたのですが

その候補者にお会いしたらすごい引力のある方で

直感でお手伝いをすることにしました。

 

秘書的な仕事で、その候補者と行動を共にし、

早朝から深夜まで県内を移動しまくる日々。

 

 

そんな中、ひょんなことから

わたしがその方の後援会長になってしまったのです。

 

しがらみを作らない、と無所属で出馬したその方は

後援会長もどこかの偉い人や権力のある人ではなく

利害関係のないクリーンな人が良かったらしく。

 

いろんな過程があり、22歳のわたしに決まりました。

 

 

f:id:nejimakiya:20170702203343j:image

 

そこからは選挙カーの上に立って

マイクを持って駅前で話をしたり、

数百人のホールで候補者の前に話をしたり、

この地域のテレビで特集を組んでもらったり、

新聞のコーナーに出させてもらったり、

なんだかすごい世界に入り込んでいきました。

 

 

それと同時にどんどん苦しみが増すことに。

 

 

普通の22歳だったわたしには荷が重すぎ

求められる役割に応えることができませんでした。

 

選挙期間に入るとまわりのみなさんのストレスや

物事がうまく運ばないイライラが

後援会長のわたしに向けられます。

 

面と向かって怒鳴られたり

呼出しをくらったり

事実ではない噂を流されたり

有名な掲示板に候補者の愛人とか書き込まれたり。

 

 

もっと適任の方を探して欲しいと候補者に伝えると

大丈夫だから、

君にやってもらいたいから、

とひたすら励ましてくれました。

 

もちろん近い関係者のみなさんにも

すごく支えられました。

 

 

 

結果、選挙には落選しました。

 

事務所の片付けやあいさつ周りなどを終え

わたしの仕事も終了しました。

 

 

f:id:nejimakiya:20170702203412j:image

 

 

そこからが大変で。

 

バスに乗ってても勝手に涙がこぼれる。

知り合いからの電話に出られない。

怒鳴られたり悪口を言われたりしたシーンが

勝手にぐるぐる頭を支配する。

 

普通に日常は送っていたものの

あれはきっと鬱だったと思う。

 

 

長女だしわりにいい子でやってきたわたしには

『期待に応えられなかった』

ことが大きなダメージだったみたいです。

 

人に嫌われたくない、という思いも強かったのに

反感を買ったり、壮大に嫌われたりしたので。

 

何より候補者の方を心から尊敬していたので

お役に立てなかったことが申し訳なくて。

 

 

 

f:id:nejimakiya:20170702203505j:image

 

この時の心に沁みついた記憶が

外に向けてなにかしようとするたびに

萎縮してしまう原因になったようでした。

 

 

『わたしは実力不足だから目立ってはいけない。

わたしは他者の期待に応えられない。』

 

 

こんな重い信念を抱えていたら

そりゃ身動きが取り辛いですよね。

 

 

 

そこに心を軽くする2つの情報が浮かびました。

 

 

ひとつは、その候補者が会議ですごく褒めてくれてた場面。

 

もともとその方がわたしを後援会長に選んだきっかけは

わたしが書いたある一枚の文章でした。

とてもシンプルに、政治にもとめること、

こんな国になったらいいのに、という思いを込めたメッセージ。

それがその方の心に響いたみたいです。

 

そして支援者のみなさんとのコミュニケーションの取り方や

同時にたくさんの案件をもらさずに進めていくところとか

そういう面をたくさん褒めてくれてました。

苦しさが前面にでてすっかり忘れていました。

 

 

 

たしかに未熟で大変だったけど、それはそれとして、

わたしはわたしに求められたパズルのピースの役割を

しっかり果たしたのかもしれない。

 

14年が過ぎ、はじめてそんな風に思えて

ワーク中に泣いてしまいました。

 

 

f:id:nejimakiya:20170522171027j:plain

 

 

そしてもうひとつは

『他者の期待に応えるのではなく

 自分の期待に応えなさい』

という言葉。

 

これも胸にぐっときて

ますますぽろぽろ泣いてしまった。

 

がんばる方向を間違っていたのかも。

 

 

f:id:nejimakiya:20170405144259j:plain

 

 

そんなわけで

この長い文章を書くことでも

癒しが起こっているのを感じています。

 

その候補者の方と仕事の合間に

内宮へ参拝に行ったことがあります。

 

そこでガイドの方にこう言われました。

 

『知事選で当選するようにお願いしちゃダメ。

一番いい風に物事が進むようにお願いするの。』

 

その方は知事にはなれなかったけど

その後夜のニュース番組のメインキャスターとして

毎晩テレビで多くのひとに想いを発信されています。

 

あのお方にとってこの道がきっと一番だったのだと、

今回伊勢で改めて感じました。

 

 

f:id:nejimakiya:20170321202442j:plain

 

これからはもっと自信をもって

仕事をしていきたいな。

 

星のこと、クリスタルのこと、

あいさんとの金の星銀の星も。

 

好きな世界を探求していきたいです。

 

 

そしてこのセルフリミティングビリーフや、

そのほかにも過去生のワーク、

チベタンパルシングなどなど

今回学んだ手法もセッションに取り入れたいです。

 

星の情報をみながらお話をして

その方にいま必要なものをご提供していきたい。

 

 

伊勢での体験記はここまで。

たんたんさん、ご一緒したみなさん、

サポートしてくれた友人たち、

そして伊勢の土地の神々に感謝してます☆

 

今回の伊勢の旅は

以前書いたこのブログ記事そのままでした。

 

 

nejimakiya.hatenablog.com

 

 

 

 

ホームページです。お問い合わせはこちらから。

http://www.nejimakiya.com

 

Facebookページ

ねじまき屋の情報を発信中!

https://www.facebook.com/nejimakiyanejimaki/

 

《金の星 銀の星》 

いいあいさんのイラストとそらまりのメッセージ。

https://www.facebook.com/kinnohoshiginnohoshi/

 

《LINE@》

@enq9021f

LINE@をはじめてみました〜。